夏だ!海だ!山だ!エアコン修理の季節だ!!

こんにちは!本店サービスの串崎です!

みなさん、日中だいぶ暑くなり、もうすっかり夏になりましたねー。

一般的には、夏は海とか山とかの季節になりますが、私たちの仕事では、エアコン修理の季節となりますね

最近、お客様よりエアコンが冷えないとの問い合わせが急増しております。

実は、私の部屋のエアコンも壊れていしまい、今は扇風機で過ごしているのですが、

なかなかエアコンなしでは快適に過ごせないですね。

さて、みなさんは、車のエアコンの仕組みってご存じですか?

車のエアコンを簡単に説明させていただくと、カーエアコンの冷房は、冷媒と呼ばれる常温では気体のエアコンガスを使って冷風を作ります。

エアコンガスを高温高圧状態に圧縮して、まず液状化させます。

液体となった冷媒が、再び気体に戻ろうとして蒸発する気化熱を利用して、急速に空気を冷やしていきます。

気体から液体へ、さらに気体となる。これを繰り返すことで冷気作り続けています。

その冷気に扇風機の風を当てることで室内を冷やしているということです。

ちなみに、車のエアコンが冷えない原因は、大まか2通りに分かれます。

  1. 風は出てくるが、冷たくない。
  2. 冷たい風は来ているが、風が弱い。または、風が来ない。

1の場合は、主にエアコンガス漏れによるガス不足が原因として多いです。

少量のガス不足であればガス補充でもOKですし、大幅なガス不足であればガス漏れの個所の修理も必要となります。ちなみに、ガスの入れすぎでも冷えなくなってしまいますので、注意が必要です。

ガスが適量の場合は、コンプレッサーと呼ばれるエアコンガスを圧縮して液体に戻すポンプの不良だったりとか、そもそも車自体がオーバーヒート状態だったりだとか・・・

さまざまな原因が考えられますので、点検にもお時間がかかりますので、お預かりになるケースが多いですね。

2の場合は、ブロアモーターと呼ばれる扇風機の故障、またはエアコンフィルターが汚れて詰まってしまっている場合があります。

おもに、ブロアモーターやエアコンフィルターの交換が必要となります。

どちらの場合でも点検しないとわかりませんし、メーカーや車種によっては、メーカー保証が3年から10年に伸びている車もありますので、お客様のお車ももしかすると対象になっているかもしれませんよ。

これからやってくる夏を快適に過ごす準備はいかがでしょうか。

よろしければ今の季節、簡単な点検であれば無料でさせていただいております。

お気軽にご相談ください!

関連記事

  1. 1日1字を学べば365字

  2. あれ?カギが開かない!?

  3. さわやかな風を求めて

  4. てんけんくん

  5. 整備班ブログ 第一話

  6. 僕の相棒